虹色のかざぐるま windmuehle.exblog.jp

思いつくことを思いついたときに。心のかざぐるまをまわそう。


by ex_kazaguruma
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 私は全国的にガソリンの値段が低いとされる地域に住んでいるが、それでも一時期のことを思うと高騰という言葉を使いたくなるような値段になっている。
 これを受ける形で、TVなどではエコ運転の指南番組がよく流れている。
 これら番組でよくいわれている方法には、
1.急発進を避けて、ゆっくり加速する。
2.走行時は車間距離を余分に開けて、なるべくアクセル一定で走行する。
3.前方に信号など停止サインを見つけたら、早めにアクセルを離して走行する。
 
などがある。
 これを励行すれば、かなりの割合でガソリンが節約できるそうだ。

 ところが最近、私は自らの経験からこのエコ運転に、ある「落とし穴」があることに気が付いたのだ。
 それは「エコ運転に対する温度差」だ。
 一般道にはいろいろな“温度”をもって運転している人がいる。
 急いでいる人、のんびりな人。若者、お年寄り。エコ運転を心がける人、気にしない人。そしてガソリン価格が気になる人、気にならない人、などなど。

 交通量が多く流れの速い国道で、ガソリン価格など気にせず運転する人たちの中で、エコ運転に心がける人が混じっているとどうなるか。
 ゆっくり加速、スピードは控えめという運転は他の異なる温度差をもつ人からすれば、確実に「イライラ」の元になると思われるのだ。
 実際、エコ運転励行者と思しき自動車を荒々しく追い越していく自動車を何度か目撃しているし、自分もかなり危ないタイミングで追い越されたことがある。
 これでは「もらい事故」をする可能性も高いうえに、事故の原因は「あいつがトロいからだ。」などと逆恨みまでされるかもしれない。

 エコ運転励行者の中には自らの経済事情から、やむを得ずガソリン価格を気にしてエコ運転に心がけねばならない人も少なくないと思う。
 生活の格差は、交通事故さえ誘発する可能性があるのかもしれない。
d0124362_941373.jpg

[PR]
by ex_kazaguruma | 2007-09-29 09:04 | 日々雑感 | Comments(0)

キトラ古墳

 奈良県明日香村の南、小高い丘陵地の一角に小さな円墳がある。キトラ古墳である。
 高松塚古墳とならんで、石室内に四獣神画が見つかったことで有名になった。
 現在、壁画の剥ぎ取り・保存作業のための建屋が建設されていて本来の外観を見ることはできない。
 文化財保護の観点からすれば致し方ないが、さらにこのあたりを飛鳥歴史公園の一地区(キトラ古墳周辺地区)として整備しているということを聞いて、ちょっと寂しい気持ちになってしまった。
 キトラ古墳の周辺は観光などとは無縁の農村地帯で、古墳からすぐのところに民家なども点在している。
 他の地区(飛鳥歴史公園は石舞台地区、高松塚周辺地区など複数の地区で構成されていて、それぞれに整備されている)の様子を見ると、明らかに昔の風情は失われている。
 キトラ古墳の埋葬者は、ここが整備された公園などになることを望んではいまい。
 文化財保護のための作業が終わったら、そっともとのままにしておけないのだろうか。
 平城宮跡の項でも書いたが、どうやらここにも「本来の意味を理解していない国の姿」が垣間見られる。
写真は保存作業が進むキトラ古墳。本来の墳丘はこの建屋(看板には「キトラ古墳仮説保護覆屋」と書いてある)のすぐ裏にある)
d0124362_9262068.jpg

[PR]
by ex_kazaguruma | 2007-09-22 09:26 | 旅行 | Comments(0)

チェックしないのか!?

 あまり時事ネタは扱わないようにしたいのだが、今回は少し志向を変えてみた。
 秋田県で天皇・皇后両陛下にお送りする知事名の案内状の内容に「悪天候」を「あくてんのう(ホントは漢字だがここではひらがなで表記する)」と誤植して送付したという問題があった。
 私も、日がなコンピュータと向かい合う仕事で、文書を作成することも多いが、どうやったらこのミスが発生するのか全くわからない。
 「あくてんこう」と正しく入力すれば、まず「あくてんのう(漢字)」と変換されることはない。一般的なFEPであるATOKやMSIMEでも、おそらく一発で「悪天候」と変換されるだろう。
 ローマ字入力なら「akutennou」とでもタイプミスしない限り、ありえないだろう。
 天皇というデリケートな言葉を扱うのであるから、推敲するのは当たり前。
 会社関係の資料なら、相手の法人の名称を間違うのはおろか、前株か後ろ株かなども厳しくチェックするし、最後は検索をかけてさらに間違いがないかチェックするのは当たり前の作業手順だろう。
 あまりにハッキリした間違いは、不本意なかんぐりを誘発することもある。

わざとか!?」
[PR]
by ex_kazaguruma | 2007-09-19 08:27 | 日々雑感

奈良の定宿

 私はかなり頻繁に奈良を訪れる、いわゆる奈良フリークである。
 ただ一般の旅行者とは違い、仏像や寺院を見る目的が特に強いわけではない。
 それが証拠に、ここ数年でおそらくは20回以上訪れているが、見ていない仏閣や観光スポットは山のようにある。

 「何をしにそんなに奈良へ行くの?」

 よく言われる言葉であるが、私は同じ言葉を返す。

 「見に行くんじゃないよ。感じに行くんだ、奈良をね。

 そんな私が奈良市内に泊まる時は、おおむね同じ宿だ。
 それは、ホテルサンルート奈良である。
 普通のビジネスホテルだが、禁煙室/喫煙室がフロアーごとに決められていて、廊下に出たとたんに悪臭に襲われる心配がないのだ。(現在、2Fと4Fが禁煙フロアーとなっている)
 しかも私の楽しみは、ここの朝食である。
 サンルート奈良には「おばな」という和食レストランがある。
 ここの朝食はバイキング形式で、和食・洋食両方が揃えられている。
 さらに奈良の名物である奈良漬や茶粥、それに私の大好物、飛鳥鍋の煮物も用意されている。
 楽天サイトなどで予約するとおおむね朝食付きは¥1,000増しだが、朝食をコンビニのおにぎりやサンドイッチなどで済ませるくらいなら、絶対にこちらをお勧めする。
 もちろん禁煙なので、悪臭に悩まされる心配は皆無である。
 最近、無料のLANが設置された客室もあるので、便利さがアップしている。
 奈良公園や興福寺、猿沢の池にも近く、観光拠点としてもおススメである。

 写真はサンルート奈良の玄関前付近から興福寺の五重塔を見たもの。
d0124362_063795.jpg
[PR]
by ex_kazaguruma | 2007-09-17 23:59 | 旅行 | Comments(0)

トップページのロゴ写真

 当ブログのトップページのロゴ写真は(現在)オレンジ色と黒色のチョウです。
 このチョウはカバマダラ。南方系で、奄美諸島より南が分布域です。
 この写真は奈良県橿原市にある橿原市昆虫館で撮影したものですが、地球温暖化の影響からか、最近では九州や中国地方でも繁殖しているらしいですね。
 かわいらしく見えるこのチョウも体内には毒を持っているので、鳥はこのチョウをまず食べません。
 (幼虫のときに食べた食草の毒がそのまま保持されているのでしょう)
 飛び方がゆっくりなのも、そのあたりの防御ができているからなんだと思われますね。
[PR]
by ex_kazaguruma | 2007-09-10 12:56 | 虫くんたち | Comments(0)

初めまして

ずっと、やろうやろうと思っていたブログ開設ですが、ようやくできました。
基本的には、独り言です。
よろしくおねがいします。
しばらくはデータのお引越しですね。(この記事より過去の日付のものは『はっしーの独り言』からの引越しデータです)
[PR]
by ex_kazaguruma | 2007-09-09 22:23 | ご挨拶 | Comments(3)