虹色のかざぐるま windmuehle.exblog.jp

思いつくことを思いついたときに。心のかざぐるまをまわそう。


by ex_kazaguruma
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:グッズ情報( 11 )

私の通信事情@2014

 最近はいわゆる格安SIMと呼ばれるリーズナブルな通信手段が出現してきて、私の通信事情も変わってきました。先月までの通信手段は・・・
・自宅用光通信+光電話(約¥5,500)
・メール用携帯(約¥1,100)
・通話用携帯(約¥980)
・モバイル用WiMAX(約¥3,800)
 で、合計で約¥11,330

 これを見直して、モバイル用WiMAXを格安SIMへ、通話用携帯を取りやめて050PLUSへ変更しました。
 これで・・・
・自宅用光通信+光電話(約¥5,500)
・メール用携帯+公衆無線LAN契約(約¥1,450)
・050PLUS(約¥350+通話料)
・モバイル用格安LTE SIM(公衆無線LAN付き)(約¥980)
 で、合計で約¥8,280+通話料ということで、おおよそ¥3,000も安くなりました。
 050PLUSすらやめてテレホンカードでなんとかならないかとも考えたんですが、テレカは50度数のものが金券ショップで¥300で売っているのはいいのですが、如何せん通話料が高いんですよね。
 特に県外への電話を頻繁にする人にはテレカはあまり良い選択ではありません。

 この組み合わせの秀逸?なところは公衆無線LANが2種類(DoCoMoとWi2 300)利用できるところで、名古屋中心部だとほとんどLTEは必要ないです。地下街へ潜り込めばほぼ全域で使用できますし、郊外へ出ても主要なコンビニ(ローソン、セブンイレブン、サークルKサンクス、ファミリーマート)の周辺ではどちらかのWiFiが必ず接続できるので、全く困らないですね。
 自営業の方のブログを見ると、LTEを契約せず公衆無線LANのみでモバイルしている方もいらっしゃるようですね。極端なことを言えば、コンビニの向かい側に住居を構えれば、公衆無線LANだけでネット環境が整えられるかも、です。

 しかし平成の現代、自分の通信手段の中で足かせ?となっているのは固定電話です。
 この回線の維持費に最低でも月¥2,000程度かかります。固定電話回線を維持しながらの最安はおそらくADSL+メタル回線ですが、それでも¥4,000程度はかかります。
 将来的には光回線の遅いグレードにしようかなと考えてます(これなら月に¥4,500ほど)。
[PR]
by ex_kazaguruma | 2014-04-06 10:00 | グッズ情報 | Comments(0)

デジカメ買い替え

 私が使っているデジカメは、2006年の6月頃に購入した、CANON IXY DIGITAL 700です。
 さすがにくたびれてきたのと、最新のものよりもずいぶん見劣りがしてきましたので、去年あたりから買い替えようとは思っていました。
 で、年末に書類を整理していたら、なんと!インターネットプロバイダを変えたときのキャンペーンで貰った、某大型家電店の10,000円クーポン発見!!
 しかし・・・それは2010年3月のもの。さすがに2年以上も前のじゃねぇ・・・
 通常こういうのは6ヶ月程度が有効期限でありますが、ダメ元でそのクーポンを振り出した某大型家電店へ交渉しに行ってみました。

 さっそく「ご相談カウンター」で担当者に見せて交渉開始。その担当者は「さすがに古いですからダメかもしれませんが上と相談してみます!ガンバってみます!」と力強いお言葉!
 で、10分後、何と!「OKです!!」のサインが!

 買うものを特別強くデジカメとは決めてはいなかったので、デジカメやらiPod TouchやらNexus7やらを物色しましたが、結局はデジカメを選択しました。オリンパスにもいいものがあったんですが、同じメーカーの方が使い勝手が似ているだろうからと、今度もCANONにしました。型番はIXY 430Fです。クーポンのおかげで約1/3の値段でゲット!(そういえばIXY 700もなんかのクーポンでタダで手に入れたんだった(笑))
 今のデジカメってWIFI接続できるんですね。ちょっとビックリしてしまいました。しかも軽いです。IXY 700の190gに対してIXY 430Fはたったの135g!手にしても明らかに軽いのが分かります。
 ただ、IXY 700にはファインダーが付いていたんですが、IXY 430Fにはありません。まぁあまり使うことはなかったのでいいんですけどね。

 自分は旅行時に使うのと虫を撮るのでマクロをけっこう使います。IXY 700は近接距離5cmまでしか寄れませんでしたが、IXY 430Fは3cmまで寄れます。これでテントウムシもマクロ撮影できそうです。~IXY 700ではテントウムシにピントを合わせられなかったんですよ~
 さて持ち運びに便利なように、ケースを買ってくるかな。
[PR]
by ex_kazaguruma | 2013-01-06 21:18 | グッズ情報 | Comments(1)
 2012年9月3日の記事でイグニオ・ウォーキングシューズのレビューを書きましたが、いま一度この靴の長期使用者としてのホンネを書こうと思います。
 よって、レビューの2回目、ホンネ編です。

■グリップ感一覧表
 まず下の一覧表を見ていただきたいです。
 この表はイグニオ・ウォーキングシューズのグリップ感を路面別、磨耗度別にまとめたものです。路面の材料は一般に都会で遭遇するものを挙げました。グリップ感は個人的な感触ですが、この靴で安心した歩行をしようと思うと(特に濡れた状態では)かなり路面を選びますね。

d0124362_10224159.jpg


 前のレビュー記事に貼ってある写真を見てもらうと分かりやすいですが、この靴はかかと部分の真ん中がへこむ状態で減ってくるんです。これはソール自体が柔らかいために、かかとの重さで押し出された中心部分が路面に強く押し付けられて減るために、脱いだ状態では真ん中がへこんだ感じになるんですよね。濡れた路面ではこの部分に水分が入りやすくなってツルツル滑るようになってしまいます。

■購入する人へ
 この靴を購入する人は、この靴のソールの耐摩耗性の低さを覚悟したほうがよろしいと思います。1日に10,000歩ほど歩く人で毎日履き続けると、おそらく5~6ヶ月ほどでかかと部分は平らになって雨天禁止靴になりますので、長期のメインユースに耐えられる靴ではありません。
 ただ全体が柔らかいので、他のウォーキングシューズに比べて足へのフィットは早く靴擦れも起こしにくい感じがします。私も一代目を購入した際、新品を履いて30分ほど歩いたことがありますが、靴擦れはまったく感じませんでした。
 ワイズも3E-αくらいの感じですので、店頭でのお試し履きは必須です。

■どう使うか
 以下の用途あたりが考えられます。
 (1)旅行用
  軽いので旅行用に使用する。適当に磨耗してきたらドライ路面専用の普段靴へ。
 (2)普段履きの肩代わり
  他の上位の靴の普段履きによる磨耗をこの靴で肩代わりする。
 (3)会社での置き靴
  災害時の徒歩帰宅用にと、会社に置いている人がいました。

■自分は?
 私はこの靴の三代目を買うことはないと思います。今の二足が全損してしまったら前述の(2)か(3)の用途に新しいのを買うかもしれませんが、BIO-FITTERなど価格的にこの靴とぶつかるウォーキングシューズも出てきていますので、低価格のものならそちらを試したいですかね。
 少なくともメインでこの靴を履き続けることはもうないと思います。自分のペースだと気持ちよく安心してこの靴を履ける期間はおおよそ4~6ヶ月なので、1年に2~3足は買い続けないといけない。
 となると2年では(2,970円×4~6で)11,880円~17,820円ですからね。それなら信用できる12,000円程度のミドルクラスのウォーキングシューズを買って、安心した2年間を過ごしたいと思ってしまいます。

 最後に。
 この靴をプレゼントに利用される方は、相手の方にこの靴の『特製』をよくよく説明してあげて下さい。この『特製』を理解して使えば、軽くて歩きやすい靴に何ら変わりはありませんので。
[PR]
by ex_kazaguruma | 2012-12-01 10:30 | グッズ情報 | Comments(0)
 私はもう20年以上にわたって、通勤にウォーキングシューズを愛用しています。愛用といってもさほどに高価なものにこだわっているわけではなく、おおよそ5,000円~10,000円のいわゆる普及品ですね。
 今回は廉価なウォーキングシューズの代表格、イグニオ・ウォーキングシューズを1年ほど使ってみたレビューをしてみたいと思います。
 かなり長文ですが、実際に使いたい方には役に立つレビューだと思います。

◆使用条件・使用状況など
 まずは使用条件・使用状況を明示しておきます。
 私の体格:
  体重67Kgほど。
 歩く早さ:
  GPSで計ったら5km/h前後でした。
 一日あたり歩数:
  おおむね6,000~12,000歩(日によってばらつきが大きい)。
  たまに旅行に行くと、25,000歩くらいはこの靴で歩いています。
 期間:
  2011年5月から2012年6月までほぼ毎日、晴雨、オン・オフともに使用。
 場所:
  市街地なので、ほぼ9割方がアスファルト、コンクリート上を歩いています。

◆外観・質感など
 アッパーは合皮でマットな感じ。デザインや機能を重視してピンポイントで違う素材を使っている靴もありますが、この靴のアッパーはすべて同じ素材のようです。ベロはアッパーと分離している一般的なタイプです。
 内側は布張りで足入れはスムーズです。インナーソールもこの価格を考慮すれば、納得でしょう。
 ワイズは無印なので3E相当ですが、履いた感じは3E―αくらいかなという感じ。自分の足は3Eだとちょっとキツめ、4Eだと余ってしまう感じのサイズなのですが、この靴だとベロの幅を最大に使うような調整をしてちょうど良いくらいです。ただ、ベロの幅が狭目ですのでそのあたりの調整にも限度があります。普段4Eの靴でピッタリという人は、ちょっとキビしいかもしれません。
 内側に脱ぎ履きしやすいようにファスナーが付いています。自分的にファスナーは不要なのですが、あると便利なものではあります。

◆重さと剛性感
 イグニオのウェブサイトでは、片足26cmで235gと謳っていますが、実際に履いた感じもかなり軽量です。手持ちの他の靴(ロックポートのワールドツアークラシックなど)と比較してもかなり軽いと感じられます。軽量化にはこだわっているらしく、靴紐を通す穴にも金属製のハトメがありませんし、土踏まずに入れられているシャンクピースも細めでプラスチック製のようです。
 このためか靴全体の剛性感には乏しいですね。この辺は好みの問題がありますが、アッパーもソールも全体に柔らかい感じがします。ちょっと岩が出っ張っているような山道も歩いてみたことがあるんですが、案の定、靴のねじれや石の突き上げ感が強く出て、あまり気持ちのいいものではありませんでした。
 ロックポートのワールドツアークラシックなどミドルクラスのウォーキングシューズの持つ剛性感や、硬めのソールでの歩行が好みの方にはまったくおススメできませんね。

◆歩行感
 若干小さめの幅もあってか、程よくフィットします(このあたりは個人差アリ)。全体が柔らかいので「バネ感」を感じることができますね。この靴を履くと歩く速度が上がる感じがします。
 先に書いたように、オフロードを歩くには不向きですが、街場を歩くにはむしろ好都合だと思います。

気になる耐久性についてはこちら
[PR]
by ex_kazaguruma | 2012-09-03 11:13 | グッズ情報 | Comments(0)

100均グッズ

 100均ショップにはいろんなものを売ってますね。
 今日は自分の使っている100均グッズを紹介しましょう。
 自分は、食べ物や直接口に入れるもの(歯ブラシ、歯磨きなど)を100均ショップでは買いません。100均で買ってよいものは、それ以外の生活雑貨ですね。
 ◆ネクタイ
  これは私の定番です。
  会社へ着けていくネクタイは、ほぼ100%が100均ネクタイで、本数も20本近く持っています。
  これだけあっても2,000円!。
  最初のうちはハズレもいくつか買い込んでしまいましたが、いくつか使ってみるうちに自分の好みの仕立て(生地の感じや長さなど)が判ってくるので、今はほとんどハズレがありませんね。
 ◆帽子
  夏場の定番アイテムです。若い頃に比べて髪が薄くなってきて、汗が止まらなくなってしまったので、ね。
 ◆ペットボトルホルダー
  ウェットスーツの材料でできているもので、抜群の保冷効果が得られます。これが100円ならまったくお買い得ですね。

 逆に買ってはいけないものです。
 ◆メダカ飼育用のバケツ
  以前は100均のバケツでメダカを飼っていたのですが、バケツが長持ちしませんね。1年ほどが限界で、それを過ぎるとパリパリと割れてきます。使い物になりません。
 ◆メダカのえさ
  自分でさえ100均の食品は買わないのに、なんでメダカ用に買えましょうや。犬猫の餌も売ってたりしますが、絶対に買わないでしょうね。
 ◆接着剤
  これも失敗したことがあります。国産製以外の100均接着剤では経年劣化が激しいです。接着剤はちゃんとした国産メーカー品を買いましょう。せいぜい数百円をケチって、後で後悔しないように!(日本の接着剤の性能は世界一です)
 ◆(目覚まし時計としての)置時計
  ご丁寧にアラーム付きのものを100均で売ってますが、ステップモーターのカチカチ音がコトの外うるさいので、枕元に置くにははばかられます。気にしない人ならOKですがね。精度は問題ないでしょう。

 ご参考にどうぞ。
[PR]
by ex_kazaguruma | 2012-08-12 13:04 | グッズ情報 | Comments(2)

私のモバイル最前線

 私にとってのモバイルへの要求事項は、おおよそ次の通りです。
1.3Gのパケット代は高すぎ&上限張り付き決定なので、使いたくない。
2.プッシュメールは必須。
3.音声通話は極小だがゼロではない。
4.音声通話にはかなり田舎でも確実につながるドコモの3Gが望ましい。
5.外出先でノートパソコンをつなげるモデム機器もしくは代替機能が必要。


 この4つを満たすために、けっこう複雑なモバイル機器を持ち歩いています。
・PHS
 基本的に音声着信とプッシュメール専用。すべてのメールはコイツに集約。

・携帯電話
 DoCoMoの旧型FOMA。これは3G回線で電話発着信専用(1,000円の無料通話分は発信をほとんどしない自分にとっては十分)。i-modeもパケット定額も契約してないため、これではメールもしない。(プッシュメールに使用すると、パケット定額の上限に張り付くため)

・スマートフォン
 DoCoMoのT-01A。実は携帯電話に入っているFOMAカード(USIMカード)は、コイツで契約したもの。
 T-01Aは基本的にSIMなしで動作させることができるので、WiFiのみにてネット専用。

・WiMAX回線WiFiルータ
 T-01Aの回線確保と、パソコンを持ち出したときのWiFiルータとして使用。
 自分のパソコンはWiFi内臓なのでこれはなかなか便利。

 これだけ持っても、WiMAXなしで3Gのパケット定額を入れた状態より安いんだよなぁ。

 T-01Aはよくできた端末なので、何もなければあと2~3年は使いそうだけど、Android端末が台頭してきてるからどうなりますやら。
 ちなみにこれからAndroid端末使う人はセキュリティソフトを入れることを強くお奨めしますよ。
 Androidって基本ソフトはすべてオープンソースだから、ウィルスなんて作り放題。電話番号などの個人情報が満載のスマートフォンって、むしろパソコンよりも狙って“おいしい”デバイスなんだよね。iPhoneだってAndoroidよりも安全だといわれてるけど、これだけ数が出てるとウィルスを作る奴も増えてくるわね。JailBreak(脱獄)すると危険度はさらにアップするし。
 自分の周りの同業者(IT業界)の中には、スマートフォン持ってウィルス感染するとシャレにならないからと、ガラケーをずっと使っていくと宣言してる奴もいるくらい。
(ガラケーが100%安全って保証はないけど、Androidに比べれば危険度は極小でしょ)

 しかし、WiMAXの速度にはちょっとガッカリかなぁ。
 自宅で速度計測したんだけど(USENの計測サイト)、下りが1.3Mbps(笑)しかも窓際でアンテナは2本立った状態(うちのはマックス3本)。
 もう少しWIMAXのフェムトセルっていうか、小型基地局が増えないとどうにもならんですな。アンテナ真下でも20Mbps くらいしか出ないって感じだそうですが。
 ハッキリ言って、今の状態ならイーモバイルの方が速いんじゃないかな?
→と思っていたら、最近イーモバイルは強烈な帯域制限をやっていて、家のメイン回線をイーモバイルと兼用している人でYoutubeなんかのストリーミングをたくさん見る人はアウトって感じですね。
[PR]
by ex_kazaguruma | 2011-08-07 21:05 | グッズ情報 | Comments(0)

感心する100均グッズ

 自分は夏になると、500mlのペットボトルに水(普通の水道水)を入れて凍らせたものを会社に持って行っています。ボトルが汗をかくのでタオルで包んだり、すぐに氷が解けてぬるくなったりと結構問題がありました。

 そこで一月ほど前、100均ショップでウレタン製のペットボトルホルダーを買ってきましたが、これが何とも良い働きをしてくれます。
 タオルで包まなくともボトルの表面の水で濡れることもないのはもちろん、氷の持ちがまったく違うんですね。
 今まではせいぜい朝の10時頃で氷は解け切ってしまい、午後2時ごろには水が温くなってしまっていたんですが、これを利用するようになってからは氷は昼過ぎ頃まで余裕で持ちますし、水の冷たさは午後4時頃まで感じることができるようになりました。

 先日も連休を利用してドライブ旅行してきたのですが、凍ったボトルを炎天下の車内に1時間以上放置していたにもかかわらず、氷は解けずに冷たいままでした。いや、これにはちょっとビックリするやら感心するやら。
 これで100円なら十分満足ですよ。
[PR]
by ex_kazaguruma | 2011-07-24 22:13 | グッズ情報 | Comments(2)

初めて見た!

 世の中、変わった乗り物というのがありまして。
 PIAGGIO MP3-250RLってのもそのひとつでしょうかね。
 このPIAGGIO MP3-250RLはいわゆるトライク(3輪バイク)の一種なのですが、前輪が2つ、後輪が1つという変わったレイアウト。免許上は「普通自動車」で乗れるそうです。
 以前より日本に輸入されるという情報はJAFの情報誌で知っていたのですが、今日初めて実物を見ましたよ。しかも公道で走行中のもの。
 さすがにイタリア車らしくデザインは秀逸。色は水色とシルバーのツートン・カラーでした。
 複雑なメカを搭載しているので前部が大きく見えますが、動きはまさに中型のスクーターでした。
 でも、ちゃんとガレージがないと乗れないだろうなぁ。イタ車だから故障も多そうだしね。
 (昔、ツレの乗っていたフィアット・パンダは、2ヶ月に一回くらいの割合で病院(整備工場)行きだったし(笑))
 PIAGGIO MP3-250RLには他に400ccのモデルと500ccのモデルがあるそうな。
 興味のある方はネットで検索してみるといいかも。
 あ、この車両を手に入れようとする方には、興味のほかに普通自動車免許に加えて普通二輪が乗りこなせる技術、ガレージ、そして国産よりも多いであろう故障にめげない精神力、そしてすべてを支える潤沢な資金が必要ですぞ。

d0124362_21173819.jpg

[PR]
by ex_kazaguruma | 2009-02-28 21:18 | グッズ情報 | Comments(0)

小さな贅沢

【小さな贅沢】2008/2/24

 本日、ヒマなので近くの電気ショップをぶらついていたら、照明関係器具に省エネを意識したものが数多く出回っているのに驚かされた。
 天井から吊るすペンダントに付ける常夜灯(黄電球)も、LEDを使用したものが何種類もあった。
 お値段は多少高いが、消費電力と寿命は旧来のものとは段違いだそうだ。
 自分は常夜灯をあまり使用しないので、残念ながらLEDに取り替えるメリットはほとんどない。
 で、違うものはないかと探していたら、電子点灯管なるものを発見した。
 従来のような機械式グロー管ではなく、中に電子回路が入っているというものだ。
 お値段は従来のものの10倍ほど。
 だが、その寿命たるや従来のものよりも20倍も長持ちするらしい。
 従来のものは寿命までおおよそ6,000回の点灯回数だが、この電子点灯管は何と20万回の寿命があるという。
 これならほとんど取り替え不要であろう。
 (1日に2回点けたとすると270年以上。5回点灯でも100年以上持つ計算になる)
 蛍光灯の点灯までの時間も非常に短く、蛍光灯独特の点く瞬間にチカチカッと点滅する不快感がないのもポイントが高い。
 蛍光灯自体の寿命も延びるだろう。
 身の回りの小さな贅沢品。
 たまにはこんなのもいいだろう。
[PR]
by ex_kazaguruma | 2008-02-24 21:38 | グッズ情報 | Comments(0)

空中戦機 Airbots

 少し前、CBCラジオの朝の番組で、あるオモチャを紹介していた。
 その名も、空中戦機Airbots(エアボッツ)。
 いかにも小学生向けのロボットもの系のオモチャが想像されるが、実態は少し異なる。
 このエアボッツは、飛ばして遊ぶロボットなのである。
 ロボットと言っても本体は発泡スチロール製で体長は13cm、体重?はわずか10gである。。
 背中に小型モーターとギアボックス、そして2つのローターを装備していて、飛ばして遊ぶのだ。
 飛ばすといってもラジコンのようにではなく、言ってみれば凧のようなものである。
 後についているケーブルを引いて安定させたりホバリングさせたりすることができる。
 そして、スロットルを調整してテイクオフやランディングが可能だ。
 複数で対戦することも想定して作られているのも、なかなか面白い。
 値段も¥3,000を切る安価さ。
 2つ買って、親子で対戦するのも面白いかもしれない。
d0124362_16545828.jpg

[PR]
by ex_kazaguruma | 2008-02-17 16:55 | グッズ情報 | Comments(0)