虹色のかざぐるま windmuehle.exblog.jp

思いつくことを思いついたときに。心のかざぐるまをまわそう。


by ex_kazaguruma
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

増えた携行品

 若い頃に比べて増えたもの。
 お金であれば何の問題もないのだけれども、現実は全く異なる(笑)
 年齢とともに増えたのは白髪とともに、携行品だ。
 私が最も身軽に外出していたのは、おそらく高校生くらいまでだったろう。その頃の携行品といったら、ハンカチとティッシュ、パスケースを兼ねた財布くらいのもので、カバンなども持ち歩いてはいなかった。すべてポケットにおさめていたのだった。
 それが大学生になった頃にコンタクトレンズを持ち歩くようになった。私はメガネと併用だったので更にメガネケースも必要になった。高校生まではメガネは朝から晩までかけっぱなしだったので、こんなものは必要なかったのだ。この頃からファンシーショップで買った厚手のビニール製の袋をカバン代わりに持ち歩くようになった。
 二十歳を越えた頃にはタバコを吸い始めたので、さらにタバコとライターが携行品に加わった。私は水パイプ(アクアフィルター)を付けて吸うのが好きだったため、更に携行品が増えた。
 さすがに袋では入り切らなくなり、小さなクラッチバッグを持ち始めることになる。

 それから20年ほど経過した今、携行品は更に増えている。
 今は20リットル程度のデイパックが私の定番である。ここに入っているものが現在の私の携行品ということになる。いったい何が入っているのだろうか。
・普通のハンカチとティッシュ、大きめの手拭いとタオル地のハンカチ
・My箸
・メガネケース(今はコンタクトは使っていないが、2つのメガネを使っているためだ)
・2台の携帯電話
・小銭入れ、札入れ(財布は別々になっている)
・アルミ製のカードケース
・歯ブラシ、爪楊枝、歯間ブラシ
・救急絆創膏、胃腸薬、目薬
・爪の処置用の瞬間接着剤とエメリー(爪磨き)
・免許証+カード入れ用の折財布
・扇子
・多色ボールペン
・ウェットティッシュ
などなど。(まだあるのだが…)

 大学生の頃から減ったのは、タバコとライターに水パイプ、それにコンタクトレンズくらいのものだろう。「持っていて便利だったもの」はカバンに入れっぱなしになる。
 「持っていないと不安になる」ということもある。
 もしかしたら何らかの精神疾患なのかもしれない、と大げさに考えたりすることもあるほどだ。
[PR]
by ex_kazaguruma | 2009-03-22 08:53 | 日々雑感 | Comments(0)