虹色のかざぐるま windmuehle.exblog.jp

思いつくことを思いついたときに。心のかざぐるまをまわそう。


by ex_kazaguruma
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 私は、自然現象で何が一番嫌いかと聞かれれば「雷」と答えます。
 この雷には、2つの「成分」があるのをご存知ですよね。
 一つは音。
 これを、雷(古くは「神鳴り」)と呼んでいます。
 もう一つは、光。
 これは、稲妻(もしくは稲光)と呼んでいます。

 私は、音(雷)は平気なのですが、光(稲妻)がダメなのです。
 あの青白い光を見るだけで、背筋がゾクゾクします。

 自動車に乗っていると、雷が落ちても大丈夫といいます。
 もし、自動車に乗車中に落雷しても、自動車のボディを伝って、電気は地面にアースされるのですね。
 え? タイヤはゴムだから絶縁体だろうって?
 ごもっとも。
 でも、タイヤって黒いですよね。これ、カーボン(炭素)が含まれているからなんです。
 ゴムを強化するために入れているんですが、これが電気を通すらしいんですね。
 ちなみに、乾電池くらいの電圧じゃダメですよ。
 雷の電圧を正確にかつ理論的に証明したデータは見当たらないそうですが、少なくとも数百万ボルト以上、一説には数億ボルトともいわれています。
 それくらいの電圧があれば、多少の絶縁体だってものともしませんよ。
 よって、長靴やゴムブーツも役に立ちません

 雷が近づいてきたら、外に出歩かずに早めに家に入るなどしたほうがよさそうですが、昔の人も同じようなことをしていたらしいですね。
 万葉集にも、こんな男女のやり取りを見ることができます。

 まず、女性が…

 雷神 小動 刺雲 雨零耶 君将留
 【鳴る神の、少し響(とよ)みて、さし曇(くも)り、雨も降らぬか、君を留(とど)めむ】
 『雷が少し鳴って空も曇ってきて、雨でも降らないかしら。
  だって、あなたをこのまま引きとめておきたいんですもの。』

 なんて意味の歌ですね。
 この返事に、男の側はこんなしゃれた返事(返歌)を贈っています。

 雷神 小動 雖不零 吾将留 妹留者
 【鳴る神の、少し響(とよ)みて、降らずとも、我(わ)は留(とど)まらむ、妹(いも)し留(とど)めば】
 『雷が少し鳴って雨が降るようなことがなくっても、僕はここにいるよ。
  君が「いて欲しい」っていうならね。


 雷の鳴る日は、「ふたりで家の中」がよろしいようで。
[PR]
by ex_kazaguruma | 2003-10-24 10:00 | 日々雑感 | Comments(0)