虹色のかざぐるま windmuehle.exblog.jp

思いつくことを思いついたときに。心のかざぐるまをまわそう。


by ex_kazaguruma
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

鬼畜

 凶悪犯罪が増えています。
 例えば、金が無いから人の金を盗むとか、恨みのある人を殺すとかは、今に限らず昔からあったことです。
 もちろん、これは許されることではありませんが、同情できなくもない部分があります。

 ところが、ここ数年報道される凶悪犯罪。あれはいったい何か?
 行き当たりばったりの、まったく見ず知らずの人間を殺傷する。
 子供を誘拐して、自分の楽しみのために拉致・監禁する。
 自分の子供の目の前で、離婚調停中の妻を刺し殺す。
 などなど、世間では一般に「鬼畜」と言われていることですね。

 世の中には「鬼畜」と言われることに快感すら感じる「もの」がいるようです。
 これは、鬼畜という言葉がもつ、一種のカッコよさ(鬼という言葉に反応しているのでしょう)があるのかもしれません。
 いったい鬼畜とはなにか?
 鬼畜とは本来、人間に虐げられた動物の集合霊で、人間に復讐するために妖怪変化したものを指します。
 ここでいいたいのは、鬼畜にすら人を殺傷する「理由」があるということです。

 昨今の凶悪犯は、もはや鬼畜ですらありませんよ。
 もちろん、人間でもありません。
 この地上に、理由もなく他の者(動物でも)の命を奪うものは存在しません。
 この「もの」に対する感情は、怒りなどという陳腐な言葉では表現できないのです。
[PR]
by ex_kazaguruma | 2003-09-30 10:00 | 日々雑感 | Comments(0)