虹色のかざぐるま windmuehle.exblog.jp

思いつくことを思いついたときに。心のかざぐるまをまわそう。


by ex_kazaguruma
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タバコは計算し尽くされている

 喫煙者時代は何気なく買って、封を空けて吸っていたタバコ。
 実は、人間をいかにニコチン中毒にさせるかを、計算し尽くした商品であることをご存知でしょうか。

 ┏┓
 ┗◆さわやかなイメージ
 ブルーと白、グリーンと白、など、タバコのパッケージはいかにもさわやかでクリーンなイメージがありますね。
 これ、若い人(はっきり言うと10代ね)や女性が持っていても、違和感のないデザインになっているんですよ。遠くから見ればタバコとすら分からないようなデザインにね。
 確かに、10代の若者や若いOLが「ショートピース」や「峰」を持っていたんじゃ、全然サマになりませんよね。これらはいかにもタバコというデザインですから(笑)
 いつでもそばに置いて違和感のないデザインにすることにより、いつでも吸えるようにしているのです。いつでも吸えるってことは、女性や若者がタバコを吸う機会を世間に見慣れさせるということですね。
 つまり、女性や若者が喫煙する姿に対する違和感や罪悪感を低減し、更なる販売量の増大を狙っているのです。

 ┏┓
 ┗◆活性炭入りフィルター
 活性炭入りのフィルターが流行ですね。
 活性炭は有害物質を吸着する力が強いので、タバコのフィルターに使えば、有害物質をほとんど取り除いてくれるような錯覚に陥ります。
 中には、「ニコチンまで吸着されるとタバコの味がなくなる」と変な心配をされる方もいらっしゃるでしょうが、ご心配なく。
 タバコの有害物質は、あれくらいの活性炭を一瞬通ったくらいでは、ビクともしませんから。
 むしろ、味をまろやかにして、大量に煙を吸い込めるように工夫されているのです。

 ┏┓
 ┗◆メンソールタバコ
 ほとんどのメンソールタバコは、フィルター部分にメンソール液が浸漬してあって、そこを通ったときにメンソール臭が付加されるようになっています。
 これはタバコ会社が作り出した、ニコチン中毒加速装置とも言える発明なんですよ。
 ニコチン中毒を加速するには、いかにニコチン含有量の高い煙を吸わせるかより、いかに煙を深く、多く吸わせるかが勝負どころだといわれています。
 メンソールタバコを吸った経験がある人なら分かると思いますが、煙を吸い込んだときのあの爽快感。
 いつにもまして、深く吸ってしまいますよね。さらにその爽快感を感じたいために、何度も吸ってしまうこともあります。
 いかに深く、多く吸わせるかの理論から生まれた、タバコの「優等生」です。

 ┏┓
 ┗◆ライトタイプのタバコ
 ニコチン含有量の極小(表示上)なタバコが主流のようです。
 このタイプのタバコに共通しているのは、低刺激と少ない煙ですね。
 タバコ会社は「時代がこの味を求めている」などと、悪乗りもはなはだしい言い方をしていますが、もちろん違います。
 この味は、喫煙者が求めているものではなく、タバコ会社が求めているものなのです。
 何しろ低刺激なので、初めてタバコを吸う人でも「タバコはまずい」と思いにくいのです。
 これで、タバコの入門を楽にサポートします。
 そして低刺激のため、「身体にそれほど悪くない」と思い込めてしまうのがすごいところ。
 中級者は、こうしてニコチン中毒上級者に「ばく進」するのです。
  そして、ライトタイプのタバコは、多く、深く吸うことにより、結果としてメンソールタバコの項で書いたことと同様の効果を生んでいるのです。
 最近はメンソール+ライトタバコが主流ですね。
 これこそ、最強(最凶)の兵器といえるでしょう。

 ┏┓
 ┗◆主流は20本入り
 ニコチン中毒者は、血中ニコチン濃度が約半分になるとニコチンを補給(つまりタバコを吸う)したがるようになります。
 ニコチンは身体にとってはまったくの毒物ですので、吸った直後から肝臓がフル回転して解毒しにかかります。
 その時間は個人差がありますが、約45~50分。
 人間が起きて活動している時間を16時間くらいとすると、起きている時間を全て満足させる本数は20本くらいになるでしょ?
 別にパッケージングしやすいからとか、そんな理由で20本に決められているんじゃないんです。
 20本っていうのは、ちゃんと生理学的に計算された本数なんですよね。
 怖いね、タバコって。

 ┏┓
 ┗◆フィルターに穴が開いているわけ
 多くのタバコのフィルターには、たくさんの穴が開いています。
 これもちゃんと理由があるんですよ。
 まずは、味の調整。
 タバコの煙は温度が上がると苦味が増すので、フィルター部分で空気とブレンドすることにより、温度を下げて味をまろやかにします。
 そして、ホントの役目はこれ。
 穴をふさいでタバコを吸うとちょっと抵抗感があり、たくさん吸い込めないでしょ?
 穴をあけると、抵抗が減ってより軽く吸い込めるようになります。
 え? タバコの煙が薄まるんじゃないかって?
 それが目的。
 たくさん、早く灰にすることができるのと、深く吸い込むことができるので更なる中毒の加速が期待できますよね。
 二重三重にも計算されているんですよ、タバコって。
[PR]
by ex_kazaguruma | 2003-09-20 10:00 | タバコ関連 | Comments(0)