虹色のかざぐるま


時計の風防いろいろ

 サファイアガラスの話題が出たので、時計の部品ネタです。
 時計の顔とも言える文字盤をカバーするガラス。
 正式には「風防」って呼んだりしますね。
 この風防の材質には、けっこういろいろあるのを知ってますか?
 現在売られている時計の風防の材質は、以下の3種類に絞られると思います。

┏┓
┗■アクリルガラス
 英語だと「plexiglass」で、有機ガラスとも呼んだりします。ガラスといってますが、材質は合成樹脂(つまりプラスチック)です。軽くて衝撃にも強いんですが、傷がつきやすいのに加えて長く使っていると紫外線によって透明度がなくなり、細かいスジのような(多分ヒビの一種?)線が入ってくるので、定期的な交換が必要です。
 もともとは飛行機の風防に使われていた素材らしいですね。
 1950~60年代はけっこう普通の時計にも使われていましたが、最近では高級腕時計でしかお目にかかれません。
 オメガ・スピードマスター・プロフェッショナルなどが代表選手ですね。

┏┓
┗■ミネラルガラス
 たぶん、今いちばん使われているガラスでしょう。
 組成や成分はよく知りませんが、普通のガラスよりは傷や衝撃に強く作ってあるようです。
 透明度も十分で、プラスチックに比べれば飛躍的に丈夫です。
 製法は各社各様らしく、名前も違っています。
 ハードクリスタルガラス、ハードレックス、クリスタルガラス、無機ガラスなどなど。
 モース硬度は「7」前後ありますが、硬いものに当てると傷が付きますのでご用心。

┏┓
┗■サファイアガラス
 粉末サファイアを熱処理して作り出すもので、宝石のサファイアと寸分たがわぬ分子構造を持っています。
 つまり、「サファイアのように硬いガラス」ではなく、「本物のサファイア」です。
 高級な時計では、まずこの材質を使用していますね。
 強度、透明度ともに申し分ありませんが、尖った金属(爪切りなど)の先端部分が当たったりすると、傷が付いたり、最悪欠けてしまうことがあります。
 プロ用のダイバーズウォッチの多くは、極厚のサファイアガラスを用いているものが多いです。これは高圧化で使用する際、少しの傷がもとでガラスが割れ、時計が機能しなくなることを避けようとした結果なのですね。中には5mm以上の厚さのサファイアガラスを使っているダイバーズウォッチもあります。
[PR]
by ex_kazaguruma | 2003-09-19 10:00 | 時計 | Comments(0)

<< ニコチンに対するソケット      ガラスなのにサファイア? >>

思いつくことを思いついたときに。心のかざぐるまをまわそう。
by ex_kazaguruma
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
一段落つきそうか…
at 2018-01-14 19:00
謹賀新年
at 2018-01-01 07:29
今年も終わりですね
at 2017-12-31 22:00
変化
at 2017-11-24 07:37
化学繊維のアンダーシャツ
at 2017-08-26 10:15
なるほどねぇ
at 2017-08-15 17:56
鉄芯巻
at 2017-05-09 20:00
謹賀新年
at 2017-01-01 20:00
今年も今日まで
at 2016-12-31 10:00
これもマナーだよなぁ
at 2016-10-30 16:54
以前の記事
最新のコメント
良いじゃないですか、必要..
by luecaster2615 at 20:47
> honnbako3さ..
by ex_kazaguruma at 18:57
明けましておめでとうござ..
by honnbako3 at 10:35
>ルーキャスさん 最近..
by ex_kazaguruma at 06:49
機械の判断とはいえ、気が..
by ルーキャス at 11:28
検索
タグ
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧