虹色のかざぐるま windmuehle.exblog.jp

思いつくことを思いついたときに。心のかざぐるまをまわそう。


by ex_kazaguruma
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

テレビの終焉

 最近、4Kとかいわれるテレビ(詳しくは知らないが『超高画質のテレビ』か)が話題になってますね。
 これ売れると思います?
 まぁ物事には『絶対』はないにせよ、自分としてはほぼ売れないと思いますね。
 だって、テレビというのはソフト・ハードともに『終わったコンテンツ(オワコン)』と思われるんですよ。もちろんその必要性はまだあるとは思いますけどね。

 ある家電メーカーの幹部は『テレビは家族の中心にあるもので、家族共通の娯楽としての位置づけはこれにとって変わるものはない…』みたいなことをいってますが、どれだけ世間を知らないんだ!って思いましたよ。この人、日本が急速に核家族化していることや、独身所帯がものすごく増えててもはや家族の団欒なんてなくなっているところが多いってこと、ホントに知らないんですかね。
 まぁこういう人間は自分の家庭を基準にしか考えないですからね。そりゃ幸せな団欒のある家庭なんでしょう。

 それよりも、だいたい4Kのすごい画質を必要とするソフト(番組)がありますか?
 お笑いやクイズ番組を4Kで見るの?いらんでしょ、そんなの。
 昔の自然ドキュメンタリーなら見てみようかななんて思ったりもするけど、4Kの視聴に耐えられる(必要とする)番組なんて、年間に数えるほどしか放送されないじゃん。
 日本の地上波で垂れ流されているほとんどの番組なんて、3万円クラスの中国製の30インチの液晶テレビで十分すぎるクォリティで見られますよ。
[PR]
by ex_kazaguruma | 2013-02-03 22:58 | 日々雑感 | Comments(0)